出展社 プレスリリース

ジャスコインタナショナル(株)
画像解析粒度分布計をはじめとする自社製品、また各種の理化学分析機器の輸入販売および保守業務を行っています。海外の優れたメーカー製品を通じて、世界標準の分析技術をお届けしています。

日本エネルギー総合システム(株)
■JEB産業用蓄電池のリリース ■蓄電池を活用したアグリゲーションサービス(FIP、調整市場、容量市場)

(株)YAMABISHI
特許を取得した自家消費最適化制御 「SmartSC」搭載の産業用リチウムイオン蓄電システムYRWシリーズは、2021年の自社工場における運用において再エネ比率 51%を実現いたしました。

(株)ドッドウエルビー・エム・エス
省エネルギーやCO₂削減という社会課題に対して貢献する製品として、業務用エアコンの室外機を自動制御する節電・省エネシステム「Ai-Glies シリーズ」を開発いたしました。

(株)オーイーシー
カーボンノートは、地方自治体向けシステムを数多く手掛けるオーイーシーとビジネスパーソンの教育事業を行うジャパンラーニングが脱炭素経営に取組む企業向けに共同開発したクラウドサービスです。

(株)Sustech
サプライチェーン全体のCO2排出量の見える化から削減までローコストで算出するためのクラウドサービス「CARBONIX」を展開。現在急増している「商品単位・部品単位」での排出量算定。

エーエムアール(株)
研究開発用自動化システム「CHEMSPEED」を中心に紹介予定。高精度分注ツールと高機能リアクターを組み合わせ、合成・反応スクリーニング、配合・処方開発、スラリー調製・塗布、特性評価などワークフローに合わせて自由に構成可能な自動化システム。

(株)東陽テクニカ
バッテリー/燃料電池技術の向上や製品開発する評価装置はもちろんのこと、EVなどの"車両電動化"のための電装品開発に役立つ測定器や、水素発電~運搬・保管まで幅広い用途でご使用いただける各種センサーなどを展示いたします。

ディーアイシージャパン(株)
「グリーン電力証書」による、今までにないCO2削減値可視化の「顧客ポイント管理システム」でニュービジネスモデルをご提案します。

(株)PID
機能を強化・拡張し、事業会社のGXマネジメントに貢献することを目指して開発を進めています。CO2見える化の先にある、サプライチェーンのGXに向けた支援ツール「Cyanoba」をご案内いたします。

(株)エコスタイル
自己託送・コーポレート PPA サポートサービスをはじめとする脱炭素ソリューションを展開することで企業様の環境経営に貢献いたします。

河村電器産業(株)
太陽光で従来使われていたキュービクルよりも、コンパクトで低コストな「自家消費型ダウントランス盤」を提案します。

トライシクル(株)
「エコドラフト」とは、産廃・建廃の委託契約書作成を電子化するサービスです。

パーソルプロセス&テクノロジー(株)
上流の設計に留まらず、プロジェクトミッションの策定からデジタルツールを活用したデータ収集など、プロセスの実行・計画達成にいたるまでの全体を伴走しながらご支援します。

WUXI SUNKEAN ENERGY TECHNOLOGY  CO., LTD.
常にお客様のご要望に責任を負って、技術力、高品質の製品、優れたサービスにより、世界の隅々にクリーンエネルギーをもたらしていることに誇りと感じています。

(株)Synspective
SAR(合成開口レーダー)衛星を利用したリモートセンシング技術で、太陽光パネルや洋上風力などの再生可能エネルギーや、カーボンクレジットのための森林モニタリングのための衛星データソリューションをご紹介いたします。

Xtra(株)
産業翻訳分野(バイオマス・エネルギー・GHG等)に特化した超高精度AI自動翻訳「T-4OO」、低コスト・無制限で翻訳可能なAI自動翻訳「Qlingo」をご紹介しております。

(株)浜田
使用済太陽光パネルのリユース、リサイクルを行っております。 関東地区(東京都大田区京浜島)と関西地区(京都府八幡市)に自社工場を展開し、これまで埋立処分しかなかった太陽光パネルに100%リサイクルという新たな選択肢を生み出しました。

日本電気計器検定所
インターネットを始め、家庭内のネットワークなどにセンサー類、家電製品や住宅設備機器がつながるようになり、私たちは新しい生活シーンを体験できるようになりました。弊所ブースでは、新しい生活シーンを作り出すヒントをご紹介します。

ゴウダ(株)
長年にわたる日本全国での太陽光発電システムおよび蓄電池の販売実績や施工力・施工体制が評価され、2019年9月にテスラPowerwall認定施工会社として、テスラ社に認定を受けて以来、販売・施工に尽力してまいりました。

取材など プレスのお問合せ


広報担当者へ直接のお問合せ

取材お申込みはフォームから